甘やかすと問題犬になる

犬が可愛くて可愛くて仕方がなく、叱ることができずに甘やかしてしまう飼い主もいるでしょう。

しかし、犬をあまりに甘やかしてしまうと問題犬になるので注意してください。

犬は人間と違って善悪の区別がつかないため、怒られたり、褒めたりして、何がいいのかや何が悪いのかを認識します。

常に褒めてばかりだと悪いことが何なのか分からず、問題を起こしてしまう可能性が高まります。

悪いことをした場合や言う事を聞かない場合はしっかりと叱ることが大切なのです。

しつけは時に鬼になることも必要なのです。

そう考えると人間の子供の場合と同じですよね?

甘やかされて育った子供は大人になってから社会に適応できません。
周囲と上手くコミュニケーションが取れず、孤立してしまったり、対立してしまうのです。

今は良くても将来的に色々な問題を抱えてしまうので、人間も犬も小さなうちからしっかりとしつけをしないといけませんね。

特に犬の場合、順位をつける習性があるため、甘やかすと飼い主を自分よりも下だと順位付けてしまうこともあるので気をつけましょう。飼い主は常にリーダーだと思わせなければいけません。

おすすめはこちら→森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法


|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|