犬のしつけ トイレ

犬のしつけを実践していて、トイレのしつけが上手くいかないと悩んでいる飼い主も多いのではないでしょうか。

ただ、そこでイライラして犬に暴力をふるったり、怒鳴ってしまうと余計にしつけに失敗する可能性が高いです。

まず、正しいトイレのしつけを飼い主自身が理解しましょう。

トイレのしつけをする場合まず、サークルで囲みペット専用のスペースを作ってあげてください。

犬は本来、自分の寝床ではトイレをしないという習性を持っているので、専用の場所を作ってあげることによって、しつけが楽になります。

またトイレの場所はできる限り静かな場所にししましょう。
人の出入りが多い場所だと落ち着かないので、トイレがしづらいです。

そして、トイレのタイミングに合わせて、トイレシーツまで誘導します。

その際、きちんとトイレができた場合はおやつをあげたり、おもちゃを与えたり、なでたりして褒めることを忘れずに。
こうすることにより、自分はいいことをしたと思ってくれます。

もし、そそうをしても叱らず、そっと掃除をしてあげてください。
叱ってしまうと排泄・排尿自体が悪いことだと思ってしまうからです。


おすすめはこちら→森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。