ダメな犬のしつけ

犬が吠えたり、ダメなことをしたとき、どうのようにしつけをすればいいのでしょうか。


それは、何よりいけないのはそのまま放置してしまうことです。必ずその場で声に出して注意しましょう。そうしないといつまでたっても、その行動をやめてくれません。


大人になってからでは、なかなか直りませんから、なるべく小さなうちから、善悪の区別を付けさせてあげることが大事です。


しかし、犬が悪いこと、いけないことをしてしまったとき、暴力をふるう人もいますけど、それは絶対にやめましょう。犬は頭がいいので、声だけで十分にしつけができるからです。


暴力を使ってしまうと人間を怖がるようになってしまい、過度なストレスを与えてしまいます。しかし、ダメなことをしたときにすぐには、すぐに叱らないと意味がありません。後から叱ったのでは叱られている意味が理解できないからです。悪いことをしたらすぐにその場で叱ることが大事です。


叱った後にはしっかりとほめることも忘れずに。怒ってばかりでは怖がるだけなので、愛情を持って瀬してあげることが大事だからです。


詳しくはこちら→森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。