怒り方を間違えるとしつけに失敗します

医務に対して怒り方を間違えるとしつけに失敗しやすいので注意しましょう。

犬が悪いことをしたり、言う事を聞かない場合は怒らないといけませんが、かといって暴力は絶対にやめてください

時には必要な場合もありますが、基本的に叩いたり、蹴ったりするのはやめましょう。
どうしても必要な場合は一度だけちょっと強めに叩く程度で十分です。
それ以上やるのはただの虐待になります。

また、犬を怒る時は必ずその場で怒ってください
後から怒っても、犬としてはどうして怒られているのか分からないので、しつけにはならないからです。

怒る時の声も重要なのです。
声は低めで、しかも強めに怒るようにしてください。

優しく怒っても何を言っているのか理解出来ませんし、逆に遊んでくれるものだと勘違いさせてしまう可能性もあるからです。

そして、犬種によっても怒り方を変えないといけません。
強めに怒った方がいい犬もいれば、弱めにしないといけない犬もいます。
犬種によって性格も異なるので、事前にどんな性格なのか把握しておきましょう。

おすすめはこちら→森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。