犬種ごとにしつけ方法が違います

一口に犬と言って、犬種ごとに頭の良さや性格が異なるので、しつけの方法も当然違ってきます。

学習能力が高い犬もいれば、低い犬もいますし、落ち着きのない犬もいれば、のんびりした性格の犬もいます。

そのため、犬種に合わせてしつけを行った方が、効率的なしつけができます。

パグは甘えん坊で気が優しい性格をしていますが、頑固な一面も持っています。
叱ってもなかなか言う事を聞いてくれないのです。

そんなパグをしつける場合、少しだけ厳しく接しないと覚えてくれません。
しかし、体罰をすると逆効果になるので、絶対にやめてください。

食欲が旺盛な犬ということもあり、しつけをしないと拾い食いをしてしまう可能性が高いので注意しましょう。拾い食いをするとお腹を壊す恐れがあるので、きちんとしつけを行わなければいけません。

その点最もしつけやすい犬だといわれているのがゴールデンレトリバーです。

もともと温厚な性格ですし、頭もとてもいいので、しつけがしやすいことで有名なのです。
見た目は体が大きく飼いづらいイメージもありますが、実際は飼いやすい犬ので初めてペットを飼う人でも問題ないでしょう。

おすすめはこちら→森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。