留守番のしつけ方

犬のしつけができていないと、お留守番がなかなかできない犬も多く、飼い主がいないとずっと鳴いている場合も珍しくありません。

まず、基本的に犬はお留守番が嫌いだというのを理解してください。

犬は集団生活をする動物なので、自分だけになると寂しくなりますし、つまらないと感じるからです。

お留守番は犬にとって非常にストレスを感じることなので、最初はできなくて当然だと考えてください。

そのため、じっくりとしつけをするというのがポイントなのです。

いきなり、長時間のお留守番は過度なストレスになるため、短い時間から慣らすようにしまあしょう。

出かけている間は犬におもちゃなどを与え、飽きさせないようにします。

最初は30分程度で、慣れてきたら1時間、2時間と徐々に増やして行くといいです。

そして、多くの人がやってしまいがちなのが、出かける時に「行ってきます」や「ただいま」という言葉をかける行為なのです。

これはしつけに悪影響なので控えるようにしてください。

「行ってきます」や「ただいま」を毎回言ってしまうと、犬はそれが飼い主がいなくなる合図と認識するので、その時点でそわそわしてしまいます。

お留守番が特別なことではないと思わせるためにも控えるようにしてください。

おすすめはこちら→森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。