犬のしつけ食糞

犬がうんちを食べてしまうことがあります。驚いてしまいますが、この行為を食糞行動と呼びます。

原因はいまだにハッキリ分かっていませんが、以下のようなことが関係しているのではないかといわれています。

・本能
・トラウマ
・酵素不足
・お腹が空いている
・かまって欲しい
・ストレス
・興味本位

まず敵に存在を知られないようにするために本能で食糞行動をしているともいわれています。

また、排泄行為に失敗した時に飼い主に怒られたことがトラウマになり、排泄は駄目なことだと認識して、糞を隠すために食べることも少なくないのです。

酵素不足が原因で糞を食べてしまったり、空腹感を解決するために食べてしまうこともありますし、飼い主に注目して欲しくて糞を食べる犬も中にはいます。

そして、ストレスが原因で食糞行動を起こす場合もあります。
犬は精神的に大きなストレスを受けると糞を食べてしまう傾向があるそうです。

しかし、特に理由がなく興味本位で食糞行動をしてしまう場合も珍しくないです。
このように、うんちを食べる行為には色々な原因が隠されているので、何か思い当たる節がないか考えてみてください。

おすすめはこちら→森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|