ゲージはあったほうがいい

犬をケーでジ飼うのははかわいそうと考えている人もいますが、そんなことはないのです。

逆に、ケージで飼うよりも放し飼いの方が犬にストレスを与えてしまいます
ですから、犬のためを思ったらケージはあった方がいいです。

犬は本来、動ける範囲を自分のテリトリーだと考え、その範囲を守ろうとします。

もし、ケージがないと家全体が自分のテリトリーになってしまうので、守る範囲があまりにも多くて、常に警戒していないといけないのです。
その結果として、精神的なストレスがたまってしまうのです。

一見、放し飼いの方が自由に見えますが、犬にとっては逆なので注意が必要です。

その上、ケージがないと警戒心の強い犬になってしまって、無駄吠えが増えてしまいます。
また、人間社会のルールも覚えづらくなるので、しつけも大変になります。
このように、犬にとってケージは必要なものなのなので、必ず用意をするようにしてください。

そしてゲージの大きさは、周囲が見えづらくて、犬が回転できるくらいのものが理想です。

おすすめはこちら→森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。