留守番のさせ方

一人暮らしや仕事をしている人だと犬に留守番をさせる機会が多くなります。
しかし、大人しく留守番をしてくれない犬も珍しくありません。

では、どのようにして、上手に留守番をさせればいいのでしょうか?

まずはサークルやケージを用意して、その中に犬を入れてください
もともと犬は狭いところが好きなので、この方が落ち着きます。

それに加えて、サークルやケージが楽しい場所だと思わせるためにおやつやおもちゃを用意しましょう。
こうすることにより、サークルやケージにいい印象を持ち、素直に入っていてくれます。
しかし、いきなり長時間の留守番だと犬が不安になってしまうので、はじめは短い時間から、少しずつ慣らしていきましょう

短い時間の留守番を何度も繰り返すと一旦はいなくなっても飼い主がきちんと戻ってくるというのを理解出来るようになります。
そうして徐々に留守番の時間を長くしていけば、長時間の留守番でも不安に感じません。

また、普段から犬との適度な距離を保つのも大切です。
ベタベタしすぎず、犬に一人でいる時間にも慣れさせてください。

おすすめはこちら→森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。